よい布ナプキン&パンティライナーとは?

扱いの便利さだけで生理用品やパンティライナーを選んでいませんか?健康や体が快適なことがいちばん大事ですよ!

<

パンティライナーを使うメリット!

布ナプキンの認知度はどのくらいでしょうか?周囲の人に聞いてみると、知らない人、知っているけど使わない人が以外と多いですね。

冷えやムレ、かゆみなどとも関係あるし、婦人病予防にも間接的には影響もあると思いますのでもったいないと思いますね。

生理痛の改善や体快適効果も大きいですから。紙ナプキンと思っている、ケミカルナプキンに比べとても温かくて快適ですよ。

 

パンティライナー(ぱんてぃらいなー)は使わない人も多いですが使うとメリットもわかってきますが、こういう会話はあまりしないので友人や家族間では伝わりにくいようです。

そこでこのブログでは、パンティライナーの正しい情報をできるだけ自然派で暮らしたい管理人が調べ体験したことをお伝えします。

 

たいていネットで検索して知ることが多いのですね?おりものは女性でない人はいないですが、多い人、少ない人の差が大きいからでしょう。

下着はずっときれいな状態で使いたいから、おりものシートとして布ナプキンのおりもの用やケミカル素材、紙素材など使うわけですね。

流せるタイプ、洗ってまた使うタイプ、汚物入れに捨てるタイプなどがあります。

 

また、洗って繰り返し使うタイプでも、コットン、オーガニックコットン、シルクなどがあります。

肌に直に接するものは、体に有害な薬品も粘膜から吸収されるのでオーガニックであることは大切です。

シルクは体から出る毒を吸収し棉に渡すと言われますから、パンティライナーはシルクでショーツはコットンでというのが理想です。

それにシルクは通気性もよく放湿性もいいので夏も冬も年中快適に使えるのです。

 

なので、おりもの用のシートである、パンティライナーは、シルク>オーガニックコットン>紙素材のもの>石油素材のケミカル素材、の順によいわけです。

体を温る意味でもこの順ばんがいいのです。ケミカル製品は体を冷やしますし、使われている薬剤も吸収しますから二重によくないのです。

皮膚は基本排泄器官なので吸収は少ないのですが皮膚の部位の違いもあるのです。二の腕の皮膚に比べれば、粘膜からは45倍吸収されると言いますから。

 

婦人病回避の意味でも、パンティライナーの効果が大きいのです。あまりおおぴっらに会話しないだけに知らない人が多いのは残念です。

テレビコマーシャルでも最も害の大きい商品にかぎって多いので、悪い製品の方が知られる機会が多いのも皮肉なことです。

いい商品ほど小規模につくられていることが多く宣伝もしていなくて口コミで伝わるしかないですし。たまにテレビでも雑誌でも特集がありますが。

 

そこでこのブログでは、布ナプキンやぱんてぃらいなーをとうして女性の健康を考えたいと思います。