よい布ナプキン&パンティライナーとは?

扱いの便利さだけで生理用品やパンティライナーを選んでいませんか?健康や体が快適なことがいちばん大事ですよ!

<

パンティライナーは毎日だからこそ注意すべきことがある!

パンティライナーは女性ならだれにもある、おりもの用なのですが、どのメーカーさんも薄い布ナプキンが併用できますと明記されていますね?

または手軽だからと使い捨ての紙タイプを使われている方もいらっしゃると思いますが、生理用の布ナプキンとの違いは、一定期間だけでなく、毎日であることがどんなタイプにするのが体にいいのか?が大事な問題だと思います。

 

パンティライナー(おりものシート)は毎日だからこそ、体が冷えてはいけないし、通気性が悪いものもよくないのです。たとえ薬剤が使われていないものでも紙と布の違いは大きいので、布であること、薬剤が使われていないこと、に加えて防水布が使われていないことも重要なのです。

放水布が使われていなくも、パイル素材とか吸収量の多い素材を使うことで通気性はよくモレの心配も工夫をされていたり、人によっては薄いシルクや竹布だけでもよかったりします。

なので自分に合わせてできるだけ薄い通気性のよいものを選んでください。

 

わたしのいちばんのオススメは竹布です。オーガニックコットンもいいし、シルクもいいですが、竹布のよいところは、さらっと快適で通気性がとてもいいこと、さらに抗菌性があって、菌を殺す力もあることです。

体は清潔であることが健康の基本になりますから、婦人病の回避ややデリケート部分のカブレやかゆみ防止にもとてもよいと思います。

シルクも毒を吸収し綿に渡すと昔から言われていますし、夏冬とも快適です。

 

竹布は素材的にはレーヨンになりますが、シルクと竹布はとてもよく似ています。シルクは動物性、竹布は植物性で全く違うものなのに、性質は似ているところが多いのです。価格もシルク同様やや高価ですが、洗って繰り返し使えるし、薄いので乾きが早いのもオーガニック布ナプキンの薄いのを、パンティライナーとして使うよりもよいです。

竹布製品をごらんになりたい場合は⇒竹布の店 ベコ