よい布ナプキン&パンティライナーとは?

扱いの便利さだけで生理用品やパンティライナーを選んでいませんか?健康や体が快適なことがいちばん大事ですよ!

<

パンティライナー(おりものシート)の選び方はどこにポイントをおく?

パンティライナーの厚み、防水効果、などは個人差があると思うのですが、自分にちょうどいい薄さが重要だと思います。毎日のことですので用心し過ぎもムレにつながるからです。

パンティライナー、ショーツ、パンティストッキング、ガードルなどとたくさん重ねることは、体にも通気性が悪くよくないばかりでなく、血のめぐりも悪くします。

私は冬の寒い日、仕事から戻りパンティストッキングを脱ぐと、ふわっと温かく感じたことがあって圧迫していたんだと思いました。

そして、その後はパンティストッキングはシルクに変えました。ガードルも止めました。ファッションもガードルはなくても構わないタイプが多かったので。

 

パンティライナーは布ナプキンの薄いもので、軽い日用のを使う場合もあると思いますが、たいていの方にそれは厚みがあり過ぎると思います。

普通の日はシルクや竹布などの薄いものでいいし、生理の終りかけや始まり前くらいは薄い布ナプキンでいいと思います。

コットンやシルク、竹布、麻などパンティライナーの素材はどれも用途にかなったモノで作られていますが、あとは好みもありますね。

 

ふわっとあたたかい感じが好きな場合は、オーガニックコットンの起毛タイプやガーゼ、パイル編み、さらっとした感じが好きな場合は、竹布、麻、シルクですね。

放湿性も快適感につながる大きな要素なので、オーガニックコットンではネルよりもガーゼ、竹布やシルクは高価ですが、放湿性も大きいです。夏は特に放湿性の高い織りや素材の方が向いています。

 

感じ方には好みもありますので、どれも少しづつ試して見てもムダにはならないのでよいかと思います。アウターと違い、似合わないから着られないといことがありませんから。

このようにおりもの用のパンティライナーは、素材で厚みで形で違いがあり機能性でも選び方があり、あとは見た目の色柄ですね。

まずは、機能性がいちばんでその中から色柄を選べばいいと思います。